月別アーカイブ: 2022年6月

堺市立斎場で行う1日葬の流れをご紹介

皆様は【1日葬】をご存じでしょうか。「1日葬って最近よく聞くけど・・家族葬と何が違うの?」と迷われる方もいらっしゃるかと思います。新型コロナウイルス対策や、ご家族の心身の負担軽減から1日葬のニーズは高まりつつあります。この記事では、堺市立斎場で1日葬を行った場合のお話も含めてご紹介させていただきます。

 

 

 

堺市における1日葬とは?

1日葬とは、通夜を行わずに葬儀と火葬を1日で行う形のことです。家族葬であれば通夜・葬儀と2日間式場を使用し葬儀を行いますが、1日葬は葬儀の朝ご家族に式場へお集まりいただくようなイメージとなります。葬儀が1日に集約されるので、遠方のご親戚又はご高齢のご親族が多いご家族にとっては負担を軽減することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

堺市立斎場の1日葬はどのような流れで行われるのか?

 

①万が一のことが起きた場合

堺市における1日葬の流れは、まず万が一の事があった時は葬儀社へ連絡をいただき、病院へお迎えに上がります。24時間365日お電話対応をしておりますので安心してご連絡ください。病院からご搬送→ご安置(霊安室又はご自宅)→葬儀のお打ち合わせまでがはじめの流れとなります。

 

 

 

 

②葬儀当日

葬儀当日は堺市立斎場の式場へお集まりいただきます。葬儀→お別れ→ご出棺という流れで進み、堺市立斎場は火葬場と式場が併設しておりますので式場から火葬場までは徒歩で向かっていただきます。(雨にあたる心配もございません)

火葬を待っていただいている間、堺市立斎場の施設内にある食事室で精進落としを召し上がっていただき、火葬終了後は収骨→初七日法要の流れとなります。通常の葬儀から通夜を除いた形が1日葬となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日葬のメリットとは?

1日葬の良いところは大きく2つあります。

 

 

①様々な場面で遺族や参列者の負担を軽減できる

1日葬は通夜がない為、1日で葬儀が終了します。遠方から来られる参列者様はホテルなどに宿泊することなく日帰りで葬儀に参列できる為、負担を軽減できるメリットもございます。また、2日間参列することが体力的に難しいご高齢のご親族にも1日葬はメリットが大きいといえるでしょう。

 

 

 

②費用を抑えられる

通夜葬儀を行う家族葬に比べて、1日葬は様々な場面で葬儀費用を抑えることが可能です。例えば、式場の使用が1日になる為式場使用料金が通常の半額になったり、通夜振る舞いや通夜供養品の用意も必要なくなります。また、通夜の読経もなくなる為お寺様へお渡しするお布施の金額も抑えることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日葬を選ぶ際に気を付けておくべきポイント

上記のメリットから1日葬を選ばれる方もいらっしゃいますが、1日葬を選ぶ前に注意しておきたいポイントをお伝えいたします。

 

 

①ご親族・ご友人へのお伝えの仕方

1日葬は小規模葬儀になり、通夜も行わない為、ご親族の中には葬儀へ参列できない方も出てくる可能性がございます。ご親族のお気持ちも尊重しつつ、故人の遺志で近しい身内のみの1日葬を行うことを説明し、ご理解いただくようにしておきましょう。

 

 

 

②菩提寺への確認

お寺様とのお付き合いがある方は、事前に菩提寺へ確認しておくと安心です。菩提寺によっては、通夜葬儀をしっかり執り行うようにお話される場合もございます。事前に確認しておくことでスムーズに葬儀の準備を進めることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セレモニー真希社は1日葬プランもご用意しております!

 

セレモニー真希社は、家族葬・1日葬・直葬・火葬式・福祉葬など様々な葬儀様式をご準備しております。ご家族のご希望に合わせて、皆様の想いに寄り添った温かな葬儀をお手伝いさせていただきます。セレモニー真希社の【資料請求】や【仮会員登録】【葬儀の詳しいお見積り】などはホームページ又はお電話から行えますので、ご希望の方はお気軽にご依頼くださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

堺市立斎場でのご葬儀【資料請求】【葬儀見積り】

 

 

 

 

堺市の家族葬とは・・

コロナ渦で小規模の葬儀を選ぶ方が増加し、家族葬の認知度は一般葬と同じくらいになって参りました。一般葬に比べ、小規模で費用も抑えやすいというイメージもあり、葬儀をするなら家族葬でと考えられる方も多いのではないでしょうか。家族葬は誰をどこまで呼ぶのが一般的なのか、家族葬のメリットも交えながらご紹介していきます。

 

 

 

 

家族葬とは?

 

親族・友人など親しい方だけで送る小規模葬儀

家族葬は、ご家族・ご親族・近しいご友人で見送る葬儀形式です。葬儀の事前相談の際に、「仲の良かった知人を呼ぶことはできませんか?」とご相談いただくことがございます。家族葬とは基本的にご親族のみでのお別れをいいますが、数名様であればご友人をお呼びいただくことも可能ですのでご安心ください。(親族以外の方にご参列いただく際は、葬儀社へ事前に伝えておくと安心です)参列者が限定される分、一般葬よりも小規模の葬儀になるのが特徴です。

 

家族葬がスタンダードな葬儀形態になりつつあるのは、大人数でお別れを行う一般葬に比べて故人様をよく知る方だけであたたかく見送る空間に魅力を感じる方が増えていることも要因ではないでしょうか。他にも、故人様が高齢で付き合いのある友人が少ないケースなどもあり、全体的に以前よりも葬儀の参列者数や規模は縮小傾向にあります。

 

 

自由葬や無宗教葬も家族葬の1つです

家族葬は親しい人だけで見送る小規模葬儀全般を指し、その他の葬儀様式に決まりはございません。お寺様をお呼びして読経をいただく一般的な葬儀も行えますが、無宗教の方は自由葬や音楽葬など宗派にとらわれない葬儀を行うことも可能です。

親しい親族しかいない家族葬だからこそ、故人様の生前の雰囲気やご家族の希望に沿ったオリジナルの葬儀が行えます。また、ご高齢の参列者様が多く2日間の参列が難しい場合などは、通夜を省略し葬儀のみでお別れをする1日葬を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族葬のメリット

 

故人様とゆっくりお別れがができる

家族葬のメリットのひとつは、故人様とご家族がゆっくりお別れをする時間を持ちやすいことです。一般葬の場合、ご近所の方や会社関係の方など参列者が多くなればなるほど、ご挨拶や対応の時間が長くなってしまいます。家族葬の場合、参列いただく方は故人様をよく知る親しい親族・友人のみなので気配りを行う場面や精神的な負担も減り、ご家族に余裕も生まれやすくなるでしょう。故人様の思い出話をしたり、最後のお別れをしっかりと行えます。

 

 

一般葬より葬儀コストを下げられる

家族葬は一般葬に比べて、葬儀費用を節約しやすいというメリットがございます。参列いただく人数が減ると、参列者にかかる費用(食事や返礼品など)も抑えることが可能です。その分、故人様の身支度にお湯灌を行ったり、骨壺やお棺を豪華なものに変更するなど、故人様の旅立ちに費用をかけたいと考えるご家族も増加しております。

 

 

 

葬儀内容の自由度が一般葬より高い

上記でも申し上げた通り、家族葬には決まりがなく自由葬や音楽葬、1日葬などご家族の希望に合わせてさまざまな葬儀様式を行うことが可能です。葬儀式場では、故人様が生前に好きだったものを展示するコーナーを設けたり、ご趣味のアイテムやお写真などを飾っていただくメモリアルコーナーをご用意することもございます。従来の葬儀にとらわれることなく、ご家族が最期にやりたいことを形にできるのが家族葬のメリットです。

 

 

 

 

 

 

 

セレモニー真希社の家族葬

 

株式会社セレモニー真希社では、様々な家族葬プランをご用意しております。葬儀の事前相談窓口では、ご家族のお話を伺いながらご要望に合わせたプランをご提示できるように務めております。ホームページ・お電話・窓口にて事前相談やお見積りを行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

 

 

 

セレモニー真希社のお見積り・資料請求はこちら ↓ ↓

 

 

株式会社セレモニー真希社 お葬式の相談窓口

住所:堺市堺区田出井町1-1 ベルマージュ堺2階
TEL:0120-087-869
※毎週木曜相談窓口のみ定休日
※ご来店の際は、ご予約にご協力をお願いいたします。

葬儀のご依頼・ご相談は年中無休
24時間365日受け付けております