堺市・堺市立斎場での家族葬・葬儀なら【セレモニー真希社】

  1. トップページ
  2. 葬儀時に必要な親族用・参列者用のマナーと知識
  3. ご焼香について

ご焼香について

いざ、お通夜や葬儀が始まって以外に慌ててしまうものが、ご焼香です。 そもそも、ご焼香は仏教において心身を清め、心を落ち着ける意味を持ち、さらに仏様のお食事という意味も持っています。お通夜や告別式などの葬儀全般で必ず行われるものなので、作法をきちんと覚えておきましょう。

ポピュラーなものは抹香によるもので、焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼し、焼香台の前で遺影を仰いで一礼、合掌して焼香をします。タイミングは、僧侶か葬儀会社の人が言ってくれるので、それに従いましょう。焼香の仕方は、抹香を軽くつまみ、手のひらを返さないように気をつけながら、目の高さまで捧げます。そして、抹香を香炉の中へ静かに落とします。最後に遺影に合掌し、一礼して、向きを変えずに一歩下がって遺族に一礼して戻ります。

実は、宗派によってお香をくべる回数が違っており、もしかしたらこれが、混乱を招いている原因かもしれません。真言宗は三回とされていますが、この三回に意味があり、仏・法・僧の三宝を敬い、内にある三毒、つまり貪り、怒り、迷いの心を清める意味を持っています。他の宗派ですと、天台宗と日蓮宗は1~3回、臨済宗は1回、曹洞宗は2回、日蓮正宗では3回、浄土宗は特にこだわりは無く、浄土真宗本願寺派では額に押し頂かずに1回、真宗大谷派も額に押し頂かずに2回とされています。

会葬者の方は、自分の宗派のやり方に従っても良いでしょう。ただ、喪家の場合は、家の宗派のやり方に必ず従うようにしましょう。

いずれにしても、ご焼香で大切なのはお作法ではなく、心をこめて合掌し、故人を偲び、ご冥福をお祈りすることが大事です。

大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869
ご逝去・ご危篤 お急ぎの方へ
供花・供物ご注文
0120-087-869
  • 資料請求
  • 見積もり依頼
  • 供花・供物のご注文