堺市・堺市立斎場での家族葬・葬儀なら【セレモニー真希社】

  1. トップページ
  2. 葬儀時に必要な親族用・参列者用のマナーと知識
  3. 危篤と知らせを受けたときの心得

危篤と知らせを受けたときの心得

親族や友人、知人の危篤の知らせがあった時、できるかぎり駆けつけるようにします。

相手が連絡してくるということは、本人が会いたがっているわけですから、早朝深夜などの時間など関係なく出来るだけ早く駆けつけることが礼儀です。 この時にはお見舞いの品などを用意するのは不自然で、かえって失礼にあたります。

遠方に住んでいる時は容態やなどを確認し、到着の日時を伝えることが大切です。 遠方から駆けつける場合は万が一そのまま数日滞在する可能性もありますので、着替えや喪服を持参することになります。

喪服を持参する時にはコインロッカーに預けたりや後から来る人に頼むなど、気づかれないような配慮が必要です。 緊急の連絡で駆けつけるわけですから、その時に着ていた普段着のままで十分で、特に改まった服装でなくても失礼にあたりません。とは言え華美な服装はさける必要があります。

当たり前のことですが、まだ亡くなった訳ではないので喪服は持ってのほかです。 本人と対面するときは、小声で話すなど刺激を与えないようにし、あまり長いをしないようにすることが大切です。 対面後はご家族に詳しく容態や経過を訪ねることはせず、早めに失礼することが望ましいです。

大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869
ご逝去・ご危篤 お急ぎの方へ
供花・供物ご注文
0120-087-869
  • 資料請求
  • 見積もり依頼
  • 供花・供物のご注文